胸郭出口症候群

肩こりイラスト

  • 日常的に肩こりがひどい
  • 腕、指先にかけて違和感やシビレ
  • 首、肩のだるさ、苦しさ
  • 鎖骨周辺のピリピリ感
  • 握力の低下
  • 偏頭痛

胸郭出口症候群の原因|鶴岡・酒田・三川の菅原せきつい鍼灸整骨院・整体

鶴岡市、酒田市、三川町で胸郭出口症候群でお悩みの方は、鶴岡市の菅原せきつい鍼灸整骨院・整体にご相談下さい。

胸郭出口症候群とは、斜角筋、鎖骨、第一肋骨、小胸筋などからなる胸郭という部分で神経の通り道が狭くなり、神経や血管を圧迫、牽引してしまうことにより起こる症状です。

 

鎖骨周辺の斜角筋の短縮によって起こる斜角筋症候群。なで肩の方に多く、鎖骨が下がってしまうことから起きる助鎖骨症候群。腕を横に挙げる動作で動く小胸筋の短縮によって起きる小胸筋症候群の総称が胸郭出口症候群になります。

 

胸郭出口症候群のほとんどの方に共通しているのが、肩を前に巻き込んでしまうクセや、なで肩、猫背姿勢の方が多いです。

デスクワークやスマホの見すぎで頭や顔が前に出て、背中が丸くなっている状態がその姿勢です。

姿勢が悪い状態で長時間過ごしていると血流が悪くなり、筋肉が凝り固まり、斜角筋に負担がかかります。

それによって胸郭出口という隙間を通っている血管や神経が圧迫されたり引っ張られることによって、上記の症状を引き起こします。

一般的な整骨院の治療|鶴岡・酒田・三川の菅原せきつい鍼灸整骨院・整体

一般的な整骨院やマッサージ店の治療法は、対処療法が多く、固くなった筋肉をほぐしマッサージや電気治療等で痛みの部位だけを集中的にほぐし、表面上の筋肉の緊張をやわらげます。

一時的にはよくなりますが、根本原因である悪いクセ(歪み)のついた姿勢を改善しない限り、また痛みを繰り返してしまいます。

場合によっては症状を悪化させてしまう可能性があります。

当院の治療法|鶴岡・酒田・三川の菅原せきつい鍼灸整骨院・整体

鶴岡市の菅原せきつい鍼灸整骨院・整体では、胸郭出口症候群の根本原因である悪い姿勢を改善するために、骨格矯正で土台である骨盤を整え、中心となる背骨を正常な位置に戻し、全身の骨の歪みを取り除きます。

また、深層筋調整で凝り固まった筋肉をほぐし、バランスを整え血流の循環を良くします。

歪みのある姿勢を改善して神経と血管の通り道を確保し、血流をよくすることで徐々に症状はなくなります。

痛みがなくなったあとも定期的に根本改善をすることで、良い状態を維持し、痛みの出にくい身体にしていきます。

鶴岡市、酒田市、三川町で胸郭出口症候群でお悩みの方は、鶴岡市の菅原せきつい鍼灸整骨院・整体にご相談下さい!